京土産93 鉄板の生八つ橋 夕子   (旅行・お出かけ部門)

昔も今も修学旅行の鉄板のお土産と言えば八ッ橋!
ただ私の頃は日持ちの関係か生八つ橋では無く固い方でした・・・
その後八ッ橋と言えば生八つ橋となり、一世を風靡したものの出回り過ぎて飽きられたのか最近では「八つ橋だったらいらないからね!」という声も結構聴かれる様になってしまった;;
ただ各メーカーも工夫して、抹茶や栗、芋、苺、黒糖、チョコ・・・果てはバナナなんていう変わり種も出ています。
そんな中ノーマルのニッキの八つ橋が大好き!って方も居ます。
今回そんなレア?な甥っ子の為に買ってきたけど、渡す前に酔っぱらって寝てしまい渡しそびれてしまったので自家消費;;
お一人様用なので300円位の小パックを買ってました。
e0187697_2343996.jpg

京都には八ッ橋のメーカーは多くありますが、それぞれ生八つ橋にはブランドが付けられていて、聖護院だったら「聖」、美十だったら「おたべ」なんていうのがメジャーです。
今回の「夕子」も比較的メジャーですが井筒八ッ橋さんというメーカーの方が知られていますね。
夕子の由来は、小説「五番町夕霧楼」の主人公の片桐夕子から付けられたのは意外です。
e0187697_23432620.jpg

皮はしっとり柔らかく上質な餡が入ってて、久々に食べると美味しい♪
ニッキの風味は思ってたより効いていなかったけど、これはメーカー差なのかな・・・
改めて食べてみて見直したけど、どこかの法人用のお土産に持っていく勇気はまだ出ません。
大勢の方に配ってもらうには安いし最適なんだけどね・・・

第一回プラチナブロガーコンテスト
↓ランキング参加しています。記事を読み終わりましたら1クリックのご協力をお願いします!
blogram投票ボタン
[PR]
by dukekatsu | 2017-01-04 23:59 | 京都土産 | Comments(0)

転勤族による転勤先の街の感想


by dukekatsu